美容外科の看護師の給料

美魔女と呼ばれる年齢不詳の女性たち、プチ整形をする若い女性たち・・・美しさの追求はいくつになっても衰えませんね。そんな風潮もあって美容外科の求人はいつも活発です。

美容外科には、脱毛などを行う「美容外科」と、「美容皮膚科」の2種類があります。美容外科では、トラブルを解決するために通院するケースがほとんどで収益が高く、その分看護師の給料も高めです。美容皮膚科はしみ・そばかす・しわ・たるみなどアンチエイジング関係が多く、化粧品などでもケアできるため、通院回数が少ない=収益が少ないことから、給料も美容外科より低めとされています。

とはいえ、もともと美容外科全般が一般の病院より給与条件がよいので、「美容外科」も「美容皮膚科」も、看護師にとっては人気の高い勤務先となっています。美容外科は保険適用外なので、クリニックごとで料金体系が異なっており、人気のクリニックは高めの報酬を払うことが可能なのです。また治療の他にも化粧品などの販売や勧誘など、頑張って接客すればさらに給料が上乗せされる業績給が付いてくるケースもあり、モチベーションにもつながります。

美容外科には夜勤がないのですが、夜勤手当の分、高めのボーナス設定が多く、年収としては一般の病院勤務よりも多い金額となるのです。夜勤勤務をしたくない、という方にも最適ですね。 最近の美容外科は、エステサロンとの提携などもあって、職場環境としてもサロン仕様などキレイな病院が多く、特に若い看護師には人気のある診療科目となっています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

記事関連ページ

大病院勤務の看護師のメリット・デメリット
個人クリニック勤務だったり、小さな病院に勤めていて、大病院勤務を希望する看護師さんも多いと思います。大病院と一口にいっても、国立大学附属、私立大附属、大学付属以外の病院などでもメリット・デメリットは異... 大病院勤務の看護師のメリット・デメリットの続きを読む>
クリニック勤務の看護師のメリット・デメリット
病院勤務をしている人が、転職先として候補に入れることが多いのがクリニックではないでしょうか?どんな職場にもメリット・デメリットはありますが、クリニック勤務の看護師のメリット・デメリットを、体験者談もふ... クリニック勤務の看護師のメリット・デメリットの続きを読む>
老人ホームの看護師の給料
看護師の就職・転職を考える際には、病院以外にもさまざまな職場があります。その一つが有料老人ホームです。世界に類を見ないスピードで進む超高齢化時代、核家族化ともあいまって家族が面倒を見るのではなく、老人... 老人ホームの看護師の給料の続きを読む>

このページの先頭へ戻る