看護師の給料の相場

仕事内容の激務さや、専門性との兼ね合いもあるので、一般の企業の給料とは単純比較できませんが、看護師の給料は概ね高めだとされています。

看護師といっても、正式採用だけでなく、パート・アルバイトや派遣、また日勤専従・夜勤専従、土日専従、といった様々な働き方があります、また大学病院のような大手なのか個人病院・クリニックなのか、救急対応はあるのか、入院病棟の有無、診療内容など病院によっても仕事内容は大きく異なり、報酬内容にも幅があります。

厚生労働省の賃金構造基本統計調査によれば、看護師の給料の平成20年の相場としては、年齢20歳代で年収410万、年齢50歳代で年収534万、平均年収は473.9万円で、平均月収は32.2万円と発表されています。男性で平均年収455.9万円、女性で平均年収475.0万円と、女性のほうが年収が多いのもポイントですね。男女の能力差が無く、女性でも十分に能力を発揮できる職種といえそうです。

パートなど時給で働く場合は大幅にダウンし、時給1500円~2000円といったところが相場のようです。一般のバイトよりははるかに高額ですね。またより高めの給料を狙うのなら、夜間手当てがある病院ですが、勤務は厳しいので、仕事の内容で続けられるかどうかを判断することも重要です。ストレスや過労で身体を壊しては元も子もありません。

金額以外の要素として、各種手当の有無や、寮の有無なども大切なチェックポイント。トータルな観点から判断するようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

記事関連ページ

大病院勤務の看護師のメリット・デメリット
個人クリニック勤務だったり、小さな病院に勤めていて、大病院勤務を希望する看護師さんも多いと思います。大病院と一口にいっても、国立大学附属、私立大附属、大学付属以外の病院などでもメリット・デメリットは異... 大病院勤務の看護師のメリット・デメリットの続きを読む>
クリニック勤務の看護師のメリット・デメリット
病院勤務をしている人が、転職先として候補に入れることが多いのがクリニックではないでしょうか?どんな職場にもメリット・デメリットはありますが、クリニック勤務の看護師のメリット・デメリットを、体験者談もふ... クリニック勤務の看護師のメリット・デメリットの続きを読む>
老人ホームの看護師の給料
看護師の就職・転職を考える際には、病院以外にもさまざまな職場があります。その一つが有料老人ホームです。世界に類を見ないスピードで進む超高齢化時代、核家族化ともあいまって家族が面倒を見るのではなく、老人... 老人ホームの看護師の給料の続きを読む>

このページの先頭へ戻る