大病院勤務の看護師のメリット・デメリット

個人クリニック勤務だったり、小さな病院に勤めていて、大病院勤務を希望する看護師さんも多いと思います。大病院と一口にいっても、国立大学附属、私立大附属、大学付属以外の病院などでもメリット・デメリットは異なります。

個人クリニック等と比較すると、たとえば国立大学附属では、国のサポートもあって最新の設備が整っていたりするので「最新技術をしっかり学びたい」という方には向いています。もちろん私立大附属病院や付属外病院でも、国立大学附属以上にお金をかけ、設備に投資している大病院もあります。施設のゴージャスさなどはかえって私立系のほうが充実しているかもしれません。

医療全般をリードする立場であるため、給与面でも福利厚生面でもレベルが高く、正規雇用の場合、高額の給与を得ることが可能です。寮や住宅手当なども完備しているので、給与以上に金銭面でのメリットが享受できるケースもあります。夜勤手当もつくのでかなりの収入が期待できます。

一方で、夜勤を含め、患者数の多さから仕事は多忙を極めます。緊急の急患も多く、シフト制をとっていても「まともに休めない」「プライベートな時間がない」というデメリットはよく聞かれるところです。激務に耐え切れず、結婚・出産で退職するケースも多々あります。

他にもスタッフ数が多いので人間関係の煩わしさがない一方で孤立したり、専門分化し過ぎて幅広い症例に出会えない、等の不満もあるようです。

どんな職場にもメリット・デメリットはあります。自分にとって必要な条件を見極めて、有利な転職を行って下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

記事関連ページ

大病院勤務の看護師のメリット・デメリット
個人クリニック勤務だったり、小さな病院に勤めていて、大病院勤務を希望する看護師さんも多いと思います。大病院と一口にいっても、国立大学附属、私立大附属、大学付属以外の病院などでもメリット・デメリットは異... 大病院勤務の看護師のメリット・デメリットの続きを読む>
クリニック勤務の看護師のメリット・デメリット
病院勤務をしている人が、転職先として候補に入れることが多いのがクリニックではないでしょうか?どんな職場にもメリット・デメリットはありますが、クリニック勤務の看護師のメリット・デメリットを、体験者談もふ... クリニック勤務の看護師のメリット・デメリットの続きを読む>
老人ホームの看護師の給料
看護師の就職・転職を考える際には、病院以外にもさまざまな職場があります。その一つが有料老人ホームです。世界に類を見ないスピードで進む超高齢化時代、核家族化ともあいまって家族が面倒を見るのではなく、老人... 老人ホームの看護師の給料の続きを読む>

このページの先頭へ戻る